AGA対策で有効なもの

AGA対策を考えるには、まずAGAの原因を知っておく必要があります。AGAにより脱毛した部位には、DHTと呼ばれる物質の濃度が、AGAでない場合よりも高くなっています。DHTの濃度が高いと、毛髪の成長周期が短くなります。成長周期の短くなった毛髪は、長く太くなる前に抜けてしまうようになります。その結果、細く短い髪の毛が多くなり、薄毛となるのです。

従って、AGA対策で有効なのは、このDHTの濃度を下げることと、毛髪に栄養を届けて、長く太い髪の毛が生えやすい環境を整えることです。AGA対策として育毛剤を選ぶ場合には、DHTを下げることに高い効果を有するものを選ぶことが有効です。また、毛髪に栄養を届けるためには、頭皮の血行を促進させる必要がありますから、血行促進に効果のある育毛剤を選ぶことも有効です。

AGA対策は、育毛剤を用いるだけではなく、生活習慣を見直すことも重要です。AGAの原因となるDHTの濃度の上昇は、生活習慣も影響しているからです。毛髪に悪影響を与える生活習慣には、喫煙や睡眠不足、眼精疲労、運動不足、或いはストレスをため込むことなどが挙げられます。
また、毛髪に栄養を与えるために、栄養バランスの改善や血行促進も効果的です。生活習慣を見直し、毛髪に良い影響を与えるように改善することで、AGA対策としての育毛剤などの効果を高めることにもなります。

AGAは既に原因の明らかになっており、治療のために有効な育毛剤や治療薬、或いは生活習慣とのかかわりもわかっている病気です。そのため、有効な対策をとることで、治療することができるのです。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ