若年化するAGA発症率

AGAと言えば以前は40代から50代の男性が発症するものとして一般的に認識されていたのですが、最近では10代の男性が発症するケースが増えているなどAGAの発症率が若年化してきている傾向があるとされています。その原因として言われているのが不健康な食生活や生活習慣にあると言われているのですが、現在の日本での10代から20代の男性のAGAの発症率はおよそ12パーセントとされているなど若年化が深刻化してきているようです。

そんな若年層のAGAに対して行われる治療は他の年代と変わらないものになっているため、出費が高いと言うことで治療を受けることに躊躇していると言う人も多くなっています。このような事態に対して現在行われている対策として処方されているのが、フィンカーと呼ばれている治療薬です。フィンカー5mgという量で処方されているのですが、これはAGA治療薬として有名なプロスカーやプロペシアと同じくフィナステリドを配合している薬として頭頂部や生え際の薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制する働きを持っています。

フィンカー5mgはプロペシアと比較するとコストも安くなっているので手軽に処方してもらいやすいというメリットがあるので、10代や20代の若年層の男性であっても安心して利用することができるようになっています。なので今後の若年化しているAGAの治療薬の中心として活躍する事が期待されている薬として、多くの人から注目されています。"

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ